スピンアプローチの打ち方


今回は、スピンアプローチの打ち方について、紹介したいと思います。

ボールの腹を叩いてしまったと思ったら、ピンの手前でスピンがかかって、
ピタッと止まるスピンアプローチ。

使っているクラブは、swなのに、低い弾道で打ち出されて、強力なスピンがかかる。
ピンまで距離が短くて、下りのラインでも寄せることができます。

スピンアプローチのポイントは、飛球線に対して、フェイス面を直角にすることです。
フェイス面を直角にすると、ヘッドの溝も飛球線に対して、直角になります。

そうすると、ボールが溝に食い込んで、ボールに回転がかかりやすくなるのです。
フェイス面をオープンにする打ち方もありますが、上級テクニックなので、
フェイス面を直角にすることをオススメします。

スピンアプローチで注意していただきたい点は、
上からダウンブローで、ヘッドを強くいれてしまうことです。

ダウンブローで打ってしまうと、手首とクラブは、ハンドファーストになってしまい、
フェイス面がオープンになってしまいます。

フェイス面がオープンになってしまうと、スピンが効きにくくなり、
ボールが上がってしまいます。スピンを効かせるためには、
ダウンブローで打つよりは、芝を払うように打ったほうが良いです。

スピンをかけるためには、フェイス面のトゥ側で当てることです。
トゥ側に当てると、フェイス面を直角に当てることができます。

ヒール側にボールを当ててしまうと、フェイス面が自然に開いてしまい、
スピンが効きにくくなってしまいます。

トゥ側にボールを打つために、ヒールを地面から浮かせると、打ちやすくなります。
スイング軌道は、原則アウトサイドインです。

若干外側にバックスイングして、インサイドに振り抜いていきます。
最初は、20ヤードくらいから練習してください。トップの高さに対して、
フォロースルーは、低く抑えてください。