スピンコントロールをマスターする方法


今回は、スピンコントロールについて、紹介したいと思います。

距離感を向上させるためには、スピンコントロールが必要になってきます。
スピンコントロールとは、各クラブのロフトに見合ったスピン量を出すことです。

最近のクラブは低重心になっているかためか、地面を払うように打つことを
勧めていることがありますが、払うように打って、
スピンコントロールを効かせることは、高度な技術を要します。

適正なスピンコントロールを効かせるためには、
今も昔もダウンブローで打つことが基本です。

ダウンブローで打つためには、バックスイングの軌道より
鋭角にダウンスイングをしていく必要があります。

ダウンスイングでは、シャフトがしなる感覚を意識しながら、
インサイドに降ろしてくると、適正なスピンコントロールがかかり、
距離感が向上します。

鋭角にダウンスイングをしてくる時は、シャフトを立てて下してくる
イメージを持つと良いです。

通常通りにアドレスしたら、クラブを軽く握ります。
握る強さの基準は、左腕を伸ばした時に、クラブが下を向かない程度に
握ります。

バックスイングは、いつも通りに上げていきます。トップからダウンスイングにかけて、
クラブを立てていきます。手首から下していき、クラブが立った状態を維持します。

インパクトからフォロースルーにかけても、クラブが立っているように
振り抜いて下さい。