スライス チェック&修正ドリル


今回は、ゴルフ スライス チェック&修正ドリルについて紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

ドライバーで悩んでいます。クラブヘッドには、

良い位置に当たっています。シールを貼って、

確認しています。ボールは、打ち出しは良いのですが、

良い高さから大きくスライスになります。

どう練習すれば良くなりますか。

教えて下さい。

=====================

というご質問にお答えします。

打ち出し方向が良いと言うことは、クラブが通る
スイング軌道は、正しいポジションだと思います。

打ち出しが良いにも関わらず、途中からスライスすると
言うことは、フェイス面の向きに問題があると考えられます。

まずは、通常のポジションで構えます。
一旦グリップを離します。そこからフェイス面を少しかぶせて握ります。

kabusete

その状態から、いつものようにスイングをしてみて下さい。
もしボールがストレートボールで打ち出され、真っ直ぐ飛んでいったとしたら、
実際には、フェイス面は開いていると考えられます。

hiraite

フェイス面をかぶせてもスライスする方は、
さらにフェイス面をかぶせて下さい。

kabusete3

ボールが真っ直ぐに飛んでいった時のフェイス面を
確認してください。

インパクトの時に開いているフェイス面の角度が分かります。
普段からフェイス面の開き具合を確認しながら、練習してみて下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。