スライスの原因であるアウトサイドインのスイング軌道を修正するドリル


今回は、スライスの原因であるアウトサイドインのスイング軌道を修正するドリルについて、紹介したいと思います。

バックスイングを上げて、バックスイングの軌道に対して、外からヘッドを下していしまう、
スライスの原因であるアウトサイドインですが、これを修正するドリルを紹介します。

autosaidoinn

バックスイングしていただき、トップで少し止めていただきます。
トップで止めていただきたら、このように、3回ほどヘッドを回していただきます。

heddowomawasu[

回していただいて、後ろに来たタイミングで、ダウンスイングをしていただきます。
実際にボールを打ってみて下さい。

daunsuingu

アウトサイドインの場合は、みなさんからみて時計と反対回りに回してください。
それでは実際にボールを打ってみたいと思います。

通常のアドレスをとったら、バックスイングをしていただきます。
トップでヘッドを3回ほど回します。

自分のタイミングでダウンスイングを開始して、ボールを打ってみて下さい。
この練習ドリルによって、アウトサイドインの軌道ではなく、
回しながらダウンスイングをすることによって、ループを描いた状態で、
インサイドからクラブを下すことができるようになります。

クラブを回す以外は、いつもと同じ動きで大丈夫です。

▼動画レッスンはこちら▼