スライスの原因であるアウトサイドインをボールを打ちながら修正する練習方法


今回は、スライスの原因であるアウトサイドインをボールを打ちながら修正する練習方法
について、紹介したいと思います。

今回の練習ドリルでは、斜めにボールをセットしていきます。
一番左サイドのボールが遠くなり、右サイドのボールが自分に近くなるように
セットしてみて下さい。

ななめに

斜めにセットしたボールの真ん中を打っていきます。
アウトサイドインに振ってしまうと、両サイドのボールが気になってしまいます。

ななめにセットしたボールの真ん中を

両サイドのボールに当たらないようなインサイドから下してきて、
アウトサイドに振り抜いていきイメージでスイングしてみて下さい。

では真ん中のボールを実際に打っていきたいと思います。
通常通りにアドレスをとって下さい。

真ん中のボールが身体のセンターにくるように、3個のボールをセットして下さい。
手首はハンドファーストに構えて下さい。

上体の捻転を十分に使って、バックスイングをしていただき、
体重移動を使って、ダウンスイングして下さい。

そうすると、クラブはインサイドに降りてきて、
若干アウトサイド気味にフォロースルーしていきます。
両サイドのボールに当たることなく振り抜くことができれば、
若干ドローボールになっていきます。

▼動画レッスンはこちら▼