スライスの原因である肩の開き修正と右肩の使い方


今回は、スライスの原因である肩の開き修正と右肩の使い方について、紹介したいと思います。

スライスの原因は、身体が開いてしまったり、身体が起き上がることによって、
スイング軌道がアウトサイドインになってしまうことにあります。

アウトサイドインからインサイドインの軌道に戻して、身体の開きを抑えるためには、
左サイドでしっかり壁を作って、上半身がスウェーしないようにすることが重要です。

そのため、クラブを2本使って、左サイドに壁を作って、
身体が開かないようにする練習が必要になってきます。

最初に左手でクラブを1本持って下さい。
身体のセンターに、クラブを立てて下さい。

1

右手に左で持っているクラブよりも短いクラブを持っていただき、
身体の正面にセットして下さい。

2

右手でバックスイングしていただいて、左手で支えているクラブが、
傾かないように、スイングを作っていきます。

3

また左手の腕よりも下を通すイメージで、振ってみて下さい。
このような素振りをすることで、左の肩の開きを防ぐことができます。

4

また身体の起き上がりも修正することができます。
左手で抑えていただいて、右手1本で素振りをする、この形の素振りを
何度も練習して下さい。

▼動画レッスンはこちら▼