スライスの原因のアウトサイドインを修正する為の箱ドリル


今回は、スライスの原因のアウトサイドインを修正する為の箱ドリルについて、紹介したいと思います。

アウトサイドインの軌道を修正して、スライスを修正していきます。
大きな箱を用意して下さい。箱をボールの前にセットして下さい。

大きな箱

画面の向こう側に打っていくように構えていただきます。
ボールからヘッド一個分離して、箱をセットしてみて下さい。

ボールからヘッド1個分

この状態からスイングしてみて下さい。
スイング軌道がアウトサイドになってしまうと、ヘッドが箱に当たってしまいます。

アウトサイド

箱に当たらないように、バックスイングをインサイドに上げていきます。
ダウンスイングでは、インサイドに降ろしていきます。

インサイドインにスイングするためには、手打ちにならないようにして、
身体の捻転を使って、スイングしてみて下さい。

それでは、実際に箱をセットして、スイングを作っていきたいと思います。
箱をセットしたら、通常のアドレスをとっていただきます。

ボールは、身体のセンターにセットしていただいて、ハンドファーストに構えて下さい。
バックスイングでは、両肩と手首の三角形を崩さないようにして、
上体の捻転を使って、クラブを上げていきます。

トップでは、左肩がアゴの下に入るまで、十分に上体を捻り上げて下さい。
左足のかかとを上げてしまうと、前傾角度が崩れやすいので、注意して下さい。

最初からボールを打つのが不安な方は、素振りから始めていただいても構いません。

▼動画レッスンはこちら▼
)