スライス矯正法


今回は、スライス矯正法について紹介したいと思います。

スライスとは、ご存じのとおり、右にボールが曲がってしまう現象です。
ラフやバンカーで止まってくれたらまだしも、OBや池に入ってしまったら、お手上げです。

スライスの原因の大半は、両肩の捻転が足りないことにあります。
捻転が足りないと、トップの位置がアウトサイドになりやすくなります。
その位置からダウンスイングを開始すると、スイングの軌道は
アウトサイドインになってしまい、スライスボールになります。

他には、左の腰が飛球線方向に流れてしまったり、左わきが空いてしまうことも
スライスの原因になります。

スライス矯正の近道は、しっかり捻転させてあげることです。
そのためには、バックスイングで左腕が肩の高さまで来た時に、
左腕が伸びているかどうかです。

左腕をしっかり伸ばした状態で、上体を捻り上げると、
両肩がしっかり捻転していきます。

両肩を捻転させるための、練習法を1つ紹介します。
通常通りアドレスしたら、フェースをオープンにして、
ボールから20センチくらい離して、構えます。
手の位置は、左足太ももの外側にくらいになるはずです。

この構えから、捻転させてスイングすると、
フェースは、ダウンスイングで自然に閉じてきます。

手首が飛球線方向にあることによって、フォロースルーも大きくなってスライスが改善されてきます。