スリークォーターショットの打ち方


今回は、スリークォーターショットの打ち方について、
紹介したいと思います。

ピッチングウェッジだと少し届かない、9番だと
飛び過ぎる場合、9番でのスリークォーターショットがおススメです。

スリークォーターショットと打つ場合は、グリップをやや余らして握ります。
スイングはいつもと同じですが、トップの位置は、やや浅めになります。

コントロールショットで起きやすいミスは、手打ちになってしまうことです。
いつもと同じリズムで、しっかり上体を捻転していきます。

インパクトは、スイングプレーンから外れないように、しっかりと振り抜きます。
パンチショットではないので、スイングで動きを止めないようにします。

ダウンスイングの開始からフォロースルーまでの間は、左手首をこねないようにします。
手首をこねてしまうと、ボールに横の回転が加わり、フックの原因になるので、注意して下さい。スリークォーターショットは、飛ばすショットではありません。

距離感と真っ直ぐ飛ばすことが重要なので、手首をこねることは避けてください。

またダウンブローで打ち過ぎるのも、注意が必要です。
ロフト角が変化することによって、バックスピンや打ち出し角が変わってしまって、
球筋が不安定になってしまいます。

ボールを横から払う感じが良いと思います。