スロー切り返し


今回は、スロー切り返しについて、紹介したいと思います。

年齢が若く方は、腕力があります。背筋や腹筋も強いことが多いです。
これらの筋力が強いということは、飛距離を出す要素も多いと言えます。

しかし筋力が多いほど、力に頼ってしまう傾向があります。
ミスショットが出始めると、特にその傾向が強くなります。

筋力に頼り始めると、切り返しが早くなってきます。
早くボールを打ちたいと思い始めると、トップからダウンスイングにかけての時間が
早くなってきます。

しかしこの時間をしっかりと確保することが、スイング軌道を安定させるための
ポイントになってきます。

切り返しを早くしてしまうと、自分の想像以上にヘッドスピードが速くなってしまい、
スイングをコントロールできなくなってしまいます。

切り返しを一定時間確保するためには、手首を必要以上にこねないことが重要です。
ノーコックをおすすめします。

バックスイングの開始と同時に、手首をこねてしまうと、
バックスイングが速くなりすぎてしまって、身体の捻転が不十分になり、
切り返しのタイミングが早くなってしまいます。
タイミングが早くなると、手打ちになり、上体が突っ込んでしまいます。

バックスイングで手首を使わずに、ノーコックで上げていくと、
背筋や腹筋などの大きな筋肉を使うことができて、
切り返しのタイミングが合ってきます。

大きな筋肉を使えるようになると、背骨を中心にスイングできるようになるので、
スローで大きなスイング軌道を描けるようになってきます。