ソールにできた傷からスイングの問題点を見分ける方法


今回は、ソールにできた傷からスイングの問題点を見分ける方法について、
紹介したいと思います。

ドライバーやアイアンを使いこんでいくと、ソールの傷に
一定の傾向が見られるようになります。

ソールの傷は、クラブのスイング軌道を反映しているので、
スイングの癖を確認することができます。

ソールの傷で理想的なのは、トウを上にしてソールを見た時、
左上から右下にかけて、若干斜めに傷が入っている場合です。

クラブの正しい軌道は、インサイドインです。
インサイドインにクラブが移動していれば、斜めに傷が入ります。
ドライバーに関しては、ティアップして打つので、右側にしか傷が
残らない場合もあります。

ケース① 傷がついている角度が急な場合 45度くらい
カット打ちになっている可能性があります。
原因としては、バックスイングでアウトサイドになってしまい、
ダウンスイングでは、右肩が入りすぎて、アウトサイドインになっていると考えられます。

対処法1
ドライバーだったら、ヘッドをボールのすぐ横にセットせず、
10センチくらい離して、セットします。
ボールがやや左側なのに対して、ヘッドが身体の中心にくるようにします。

このようにセットすると、体重が右足にかかりすぎて、ギッタンバッコンを防ぎ、
体重が均等にかかることによって、ダウンスイングで右肩が突っ込むことを防ぐことができます。

対処法2
胸のラインを飛球線に対して、平行にします。
胸のラインを平行にすることによって、身体全体が平行になり、
右肩の突っ込みを防止します。

対処法3
左手の握りが浅いと、手首が自由に動きやすくなるため、
腕を使ってしまいます。
そのため、アウトサイドインになりやすくなってしまいます。

手首の自由を制限するために、ストロンググリップをおススメします。
正しいストロンググリップの基準は、自分から見て人差し指、
中指、薬指の第3関節が見えるように握ることです。

ストロンググリップにすると、グリップエンドが、
左足の股関節を向くようになり、身体の回転を使いやすくします。

対処法4
手首や腕で、ひょいとクラブを持ち上げることを防ぐために、
クラブヘッドから先に動かす意識を持ちます。
そうすると、腕を使わず身体の回転でバックスイングする感覚を体感できます。

 
ケース② ソールのリーディングエッジ側に傷がつく
インパクトで、ダウンブローが強すぎる可能性があります。
ダウンスイングで、左足に体重をかけすぎて、
上体を突っ込んでしまい、リーディングエッジ側に傷がつくのです。

対処法1
ドライバーだったら、ヘッドをボールのすぐ横にセットせず、
10センチくらい離して、セットします。
ボールがやや左側なのに対して、ヘッドが身体の中心にくるようにします。

このようにセットすると、体重が右足にかかりすぎて、ギッタンバッコンを防ぎ、
体重が均等にかかることによって、ダウンスイングで右肩が突っ込むことを防ぐことができます。

対処法2
スタンス幅が広いと、身体の回転がしにくかったり、
体重移動が難しくなります。
スタンス幅を肩幅より若干狭くします。

対処法3
左手の握りが浅いと、手首が自由に動きやすくなるため、
腕を使ってしまいます。
そのため、アウトサイドインになりやすくなってしまいます。

手首の自由を制限するために、ストロンググリップをおススメします。
正しいストロンググリップの基準は、自分から見て人差し指、
中指、薬指の第3関節が見えるように握ることです。

ストロンググリップにすると、グリップエンドが、
左足の股関節を向くようになり、身体の回転を使いやすくします。

対処法4
手首や腕で、ひょいとクラブを持ち上げることを防ぐために、
クラブヘッドから先に動かす意識を持ちます。
そうすると、腕を使わず身体の回転でバックスイングする感覚を体感できます。