タイガーのアプローチをマスターする方法


今回は、タイガーのアプローチをマスターする方法について、紹介したいと思います。

タイガーウッズくらいの選手になると、アプローチもすごい技を持っていると
思われがちです。しかしそんなことはありません。

タイガーのアプローチは、ごくごくシンプルなものです。タイガーのアプローチは、
転がしが多いのです。まずはパターでどうか考えて、無理なら、ウッド、アイアン、
ウェッジは最後の手段なのです。

タイガーは、ロングアイアンやウッドを短く持って、転がすことが多いのです。
アプローチの基本は、ダウンブローです。ダウンブローでないと、芝の上に
直接あるボールをヒットすることができないからです。

ダウンブローで打つには、バックスイングよりもフォロースルーをやや小さくすることです。
そうすると、ダウンブローになりやすくなります。

バックスイングでは、ヘッドを飛球線の反対側に、まっすぐ引きます。
インサイドに引いてしまうと、ダウンブローにしにくく、ボールをターゲットに
打ちにくくなります。

体重は、左足に乗せて、左肩を中心にクラブを振っていきます。そうすると、ダウンブローになりやすくなります。

タイガーは、ボールを上げたいときと、転がしたいときでは、
微妙にグリップを変えています。

転がしたいときは、グリップは、ウィークグリップになっています。
ウィークグリップとは、左手の甲が、ターゲット方向に向いているグリップです。

ウィークグリップだと、手首の位置は、高くなります。
ウィークグリップにすることによって、アドレスがハンドファーストになりやすく、
ボールが転がしやすくなります。

一方、ボールを上げたいときは、ストロンググリップになっています。
ストロンググリップとは、左手をかぶせる握り方です。

ストロンググリップにすると、手首の位置が下がり、
手首は、身体の真ん中にセットされます。
そうすると、ロフトが寝て、ボールが上がりやすくなります。

タイガーはボールを上げるために、別の工夫もしています。
フォロースルーで左ひじを曲げているのです。左ひじを曲げることによって、
フェース面がオープンになったままになって、方向性が安定するのです。

このとき、タイガーは左ひじを曲げると同時に、右手を伸ばして、
左腕を押すようにしているのです。この動作を入れることによって、
フェース面の角度が変わらずに、まっすぐ押し出すことができるのです。

アプローチがうまくなるためには、当然練習が必要になってきます。
しかし、ただ練習するだけでは、能率的ではありません。
どんな練習をするかが重要になってきます。

スローテンポで、大きくスイングして、距離を抑える練習が効果的です。
距離は、40ヤード前後が良いでしょう。

へその下部に力を入れて、スローテンポで振ります。
こうすることで、ヘッドスピードが急加速せず、
スイングすることができます。

アドレスでは、肩を前にせり出すことがポイントです。
肩を前に出すためには、剣道の面を打つように、クラブを上に上げます。
そこから、クラブを下して、アドレスして下さい。

そうすると、肩が前にせり出して、腕をスムーズにスイングできます。
逆に肩を後方に引いてしまうと、腕が動かしずらくなり、スイング軌道がぶれやすくなります。

タイガーの距離感の出し方のポイントは、膝にあります。
タイガーのアプローチでのスタンス幅は、15センチくらいで、
下半身は一切動かしていないように見えますが、ダウンスイングにかけて、
ひざを飛球線方向に動かしています。

もちろんアドレスでの膝の角度が変わらない程度の動かしです。
膝を飛球線方向に動かすことによって、手でコントロールするより、
距離感が安定してきます。