タテ回転で寄るアプローチ


今回は、タテ回転で寄るアプローチについて、

紹介したいと思います。

 

ボールに回転がタテ。

これが、安定したスピン量になって、

キャリーとランが一定になるアプローチです。

 

キャリーとランが一定になると、

距離感が安定してきます。

 

回転に横がないので、

ピンまでの距離感が安定してきます。

 

きれいなタテ回転をかけるには、

フェイス面にボールが乗っている時間が

長くなることです。

 

ボールが溝をきれいに昇っていくことによって、

スピンがかかりやすくなります。

 

タテ回転のスピンになるためには、

フェイス面をオープンにする必要があります。

 

スイング軌道をインサイドインにしていきます。

スイング軌道がアウトサイドインになってしまうと、

ボールにヨコ回転がかかってしまいます。

 

体に右ひじをつけていれば、

アウトサイドインの軌道を防ぐことができます。

インサイドインで、フェイス面をオープンにすると、

溝を斜めに使うことができます。

 

そうすると、長く溝でボールをこすることができます。

 

タテ回転には、下半身の使い方も重要です。

スイング幅が小さいとしても、

手打ちになることがなく、

膝を飛球線方向に送ることによって、

下半身を使うことができます。

 

バックスイングでは、左ひざを少し曲げます。

ダウンスイングでは、右ひざを少し曲げます。

 

スイングの始動を下半身で作ることによって、

手打ちを防ぎます。