ダウンスイングでの体重移動


今回は、ダウンスイングでの体重移動について、紹介したいと思います。

ダウンスイングの体重移動ですが、正しい体重移動ですが、
身体をスウェーさせることなく、左股関節に乗っていく感じが重要です。

最初にアドレスしていただきます。素振りを2人1組で、実施していただきます。

バックスイングをしてみて下さい。バックスイングを作ると、
左肩は、アゴの下までくるはずです。

1

ペアの方が、背中を押します。背中を真横に押していくイメージです。
スイングしている方は、ペアの押しに負けないように押し返していきます。

3

ただし身体が飛球線方向に流れてしまう動きは、NGです。
最初のアドレスのポジションまで、左ひざがくるような感じです。

2

ペアの方は、ぐっと押さえてあげます。
こうすることで、インパクトが力強く入っていきます。

この練習によって、スウェーでなく、若干飛球線方向に身体が移動しながら、
左股関節の上で回転する感覚を覚えて下さい。

タイミングを取る感覚としては、アドレスの形に戻るイメージを持って下さい。

この練習は、ストレッチの効果も期待できるので、
練習前に実践してみると、可動域も広がり、怪我の防止にもつながります。

▼動画レッスンはこちら▼