ダウンスイングでの正しい腰の回転を覚える方法


今回は、ダウンスイングでの正しい腰の回転を覚える方法について、紹介したいと思います。
みなさんは、正しい腰の動きで、回転は出来ていますか。このビデオで、
正しい腰の動きをチェックしてみましょう。

レッスンをしていると、バックスイングを上げてから、
ダウンスイングにかけて、右の腰が前に出ながら、ダウンスイングをしている方が
非常に多いです。このように前に出てしまうと、前傾角度の起き上がりや
シャンク、手元が前に出てしまい、シャンクになってしまいます。

右の腰が前に出ながら

さまざまなミスショットの原因を作ってしまいます。
ここでは、バックスイングを上げる前のアドレスの状態で、
シャフトを腰に当てます。

アドレスの状態で

シャフトを少し前方に出していく形で、スイングをしていきます。
このポジションから手の位置は変えないようにして、腰を回してみて下さい。

少し前方に出す

腰を回して

ダウンスイングの時には、前に出ないように当たらないように、
内側で回転するようにして下さい。

もう一度やってみます。アドレスのポジションから、
シャフトを少し前に出していただいて、バックスイングして、
ダウンスイングで、当たらないように回転していきます。

ここで当たってしまう方と言うのは、バックスイングしてから、
ダウンスイングで、腰が前に出て当たってしまいます。
手が前に出てしまいます。下にもシャフトを置いて、重ねるような形で、
スイングを作っていくと、分かりやすいです。

一本は下に置き、一本は手に持って下さい。当たらないように
バックスイングして、ダウンスイングして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼