ダウンスイングでの肘の使い方


今回は、ダウンスイングでの肘の使い方について、紹介したいと思います。

肘の使い方を覚えると、ボールに対して上からたたき込むことができます。

ダウンブローの印象として多いのが、
アップライトな角度からヘッドを移動してきて、
ボールを押しつぶすようなショットを連想する方々が多いと思います。

この考え方はNGとは言えませんが、
そのようなショットを連想してしまうと、
体がターゲット方向にスウェーしてしまい、
いわゆる突っ込んだ状態を作ってしまいます。

また、インパクトを点で捉えてしまうために、
少々のミスショットでも、リーディングエッジが
地面に刺さってしまいます。

正しいダウンブローは、ボールをダウンブローで
捉えるだけでなく、インパクトを線で捉えます。

またボールに対してタテのヒッティングポイントを
広くしてくれます。正しいダウンブローをマスターすると、
アイアンでのミスが激減するわけです。

ミスショットを無くすためには、
右ヒジを伸ばしていくことが重要です。

右ひじを伸ばすことによって、
フェイス面のローテーションを無理なく
行うことができます。

ダウンブローをマスターするための
大切なポイントは、トップのときにたたんだ右ヒジを
ダウンスイングでぐーんと伸ばしていき、フェース面を返すことです。