ダウンスイングのポイント


今回は、ダウンスイングのポイントについて、紹介したいと思います。
ダウンスイングで大切なことは、左サイドに体重を乗せることは、よく聞くお話だと思います。

しかし左サイドに乗りすぎてしまうことも禁物です。
左サイドに乗りすぎてしまうと、上体が突っ込み過ぎてしまい、体重が左に流れて、
スイング軌道がアウトサイドインになってしまったり、右脇が開いてしまったりします。

正しいダウンスイングは、左足の股関節で、腰を回していく感覚です。
左足の股関節で腰を回すことを覚える練習法を紹介します。

まずはクローズドスタンスで立ち、クラブを逆さにして、左手一本で持ちます。
右手は、腰に回します。

その状態から、クラブがびゅーんと音が鳴るくらい、早く振ります。
この時、腕を振ると言うよりは、振り下ろす感覚で振り、
へそがターゲット方向に向くように、フォロースルーをとっていきます。

応用編としては、同じアドレスと左手1本で、クラブを持って、
左足で棒やボールを踏んで、スイングします。

そうすると、左足体重を体感できて、重心を低くする効果も得ることができます。踏み込む時は、親指の付け根に体重を乗せるようにすると、
身体が飛球線方向に流れなくてすみます。