ダウンブローを習得するための練習ドリル


今回は、ダウンブローを習得するための練習ドリルについて、紹介したいと思います。
最初にダウンブローで打つことのメリットについて、説明させていただきます。

最近のクラブは性能が上がっているので、極端なダウンブローで打つ必要はなくなりました。
スイング軌道を安定させるためには、ダウンブローが重要になってきます。

ダウンブローの重要性は、ペンで線を書いていただくと、体感することができます。
ペン先よりも持っている手を手前にして、手前に線を引いてみてください。

まっすぐな線を書くことができるはずです。練習ドリル1です。
両手首で、500mlのペットボトルを挟みます。
この状態からペットボトルを落とさないように、素振りをしてみてください。

最初は小さな振り幅で、スイングしてみてください。
慣れてきたら、徐々に振り幅を広げてください。

練習ドリル2です。左脇を閉じていただき、左手でペットボトルを持ってください。
左脇を閉じたまま、ペットボトルを小さく揺らしてください。

左脇を閉じてヘッドスピードを上げる感覚が習得できます。

練習ドリル3です。左手の前腕にゴルフ雑誌を乗せてください。
左肘を身体に密着させたまま、雑誌が落ちないように、
左前腕を身体の内側から外側に動かしてください。左手の動かし方が分かります。