ダウンブロー上達法その1


今回は、ダウンブロー上達法その1について、紹介したいと思います。

最近のクラブは、性能が随分良くなっているので、
以前のようなダウンブローは、必要なくなってきています。

とはいえ、正しいスイング軌道を描くうえで、
上から打ち込むダウンブローの動きは、非常に重要です。

ダウンブローが出来ている時の手首は、ハンドファーストです。
ハンドファーストだと、ヘッドがストレートになりやすいのです。

逆に、手首がヘッドの後ろに来てしまうと、ヘッドの軌道が、
ジグザグになってしまいます。

ダウンブローになっているかをチェックするためのテストがあります。
ボールの後方15センチくらいのところに、グローブを置いてみて下さい。

グローブを置いたら、いつものようにスイングしてみて下さい。
ボールだけを打てたら、ダウンブローになっています。

もしグローブも打ってしまったら、ダフっている可能性があります。
ダウンブローで打つためのポイントは、ハンドファーストであることです。

ハンドファーストになるためには、両わきを空けないことです。
両わきを締めることが重要です。

両わきを締めて、手首のコックを維持したまま、
ダウンスイングをしていきます。

その状態のまま、インパクトを迎えれば、
ハンドファーストで、ボールを打つことができます。

手首をコックを維持するための練習法ですが、
9番アイアンを使います。

スタンスを狭くアドレスしていただいて、
ハーフスイングをしてみて下さい。

手首の角度を維持することが、大切です。