ダウンブロー上達法その2


今回は、ダウンブロー上達法その2について、紹介したいと思います。

ダウンブローでは、左足に体重をかけることとハンドファーストを
気にしすぎると、足の動きがおかしくなってしまうことがあります。

正しいダウンブローは、右腰や右サイドの太ももを緊張させて、
ボールを打つと言うよりは、押し出す感じが大切です。

ダウンブローを気にしすぎると、身体が左側にスウェーしてしまい、
運動エネルギーが、ボールにうまく伝わりません。

試しに、通常のアドレスから、ヘッドで何か重いものを押してみて下さい。
ヘッドに強い力を伝えるためには、左サイドを緊張させて、
頭を右側に残しておかないと難しいです。

ボールを押し出すための練習法ですが、いつもと違うグリップを
作って下さい。左手は、通常通り握っていただいて、
右手は、左手から10センチくらい離して、グリップの一番手前を
握って下さい。

この状態から、バックスイングしていきます。
ダウンスイングでは、右手首のコックを維持しながら、
インパクトを迎えて下さい。

注意点は、右手よりも左手が先に降りてくることです。
右手が先に降りてこないと、ダフル危険性がでてくるので、
気をつけて下さい。

低いボールを打つように、左手を目標方向に押し出してください。
そうすると、頭を右サイドに残してまま、フォロースルーすることができます。

左ひじが空いてしまうと、ボールを押し出せないので、
注意して下さい。