ダウンブロー上達法その3


今回は、ダウンブロー上達法その3について、紹介したいと思います。

ダウンブローの基本は、素振りとハーフスイングでの練習です。
しかしハーフスイングでは、身体の捻転だけで打つことができます。

ハーフスイングからフルスイングにすると、身体の捻転プラス手の動きが
入ってきます。その途端、身体の捻転が少なくなってしまったり、
手の動きが大きくなりすぎてしまうことが多いです。

身体の捻転を十分にできて、手の動きが大きくなりすぎないように、
フルスイングするための練習法として、クラブ2本素振りをおススメします。

右手でクラブを1本、左手でクラブを1本持っていただいて、
通常のアドレスをとります。その状態から、
クラブを平行にしたまま、バックスイングをしていきます。

クラブを平行したまま上げられる位置は、トップの位置になります。
意外とクラブを上げられる位置は、低いはずです。

手首の高さは、右肩の高さくらいだと思います。
その位置は、多くの方々にとって、トップの位置になりやすいです。

ダウンスイングの動きは、右手で下手投げでボールを投げるような感じです。
下手投げでボールを投げる時に、左足を踏み込んでください。

クラブを同じような感じで、振ってみて下さい。
その動きが出来たら、自然と正しいフォロースルーがとれるようになります。