ダフリや飛距離不足に悩む方は要チェックの練習ドリル


今回は、ダフリや飛距離不足に悩む方は要チェックの練習ドリルについて、紹介したいと思います。
ダフリが多い人や飛距離アップを望む方におススメです。

今回のレッスンでは、まず左手でクラブを持っていただきます。

左手でクラブ

バックスイングをしてからダウンスイングをしてくる際に、
ダフリが多い方や飛距離が出ない方の特徴として、
手首のコックのほどきが早い傾向が見られます。

コックのほどきが早い

手首のコックが早くほどけてしまうと、クラブが伸びてしまい、
地面に突き刺さってしまい、ダフリになってしまいます。

伸びあがってしまうと

またダウンスイングで身体が伸びあがってしまうと、
トップやダフリの原因になってしまいます。

ここで練習ドリルについて、説明させていただきます。
バックスイングをしていただいたら、指でシャフトを支えていただきます。

指でクラブを支えていただいたら、身体の体重移動を使って、
指でシャフトをはじく感じで振り抜いて下さい。

指でシャフト

指をはじく感覚が持てるようにスイングして下さい。
この練習ドリルを続けることによって、クラブが戻ってくるタイミングを
つかむことができます。

スイングの手前で弾くのではなく、フォローに向けて弾くようにして下さい。
最初は素振りだけでも大丈夫です。

▼動画レッスンはこちら▼