ダフリを防ぐための腰の高さスイング


今回は、ダフリを防ぐための腰の高さスイングについて、紹介したいと思います。

ゴルフは、地面から直接打つか地面から数センチ離れたボールを打つ競技です。
地面か地面に近いボールを打つ動きは、ダフリが出やすくなります。

ボールの高さを腰の高さくらいにセットすることによって、ゴルフスイングが
分かりやすくなります。

ダフリの原因として誤解されやすいのは、スイングに問題があるのではなく、
身体の動かし方に問題があります。腰と肩の動きがバランスよく動かないと、
ダフリが出やすくなります。

正面からフォームを見た際に、身体の軸が左サイドに傾いていれば、
上からヘッドが下りてきてしまいます。
身体の軸が右サイドに傾いていれば、あおり打ちになってしまいます。

このような現象が起きてしまう原因は、地面に近いボールを打つために、
身体が前傾姿勢になっているからです。

上体を起こしていただき、腰の高さにボールをセットしていただいて、
野球のバッティングのように打ってみて下さい。

スイング軸は、垂直なので、身体を回転させる感覚が分かるはずです。
身体を回転させる感覚が分かったら、上体をゴルフのスイングをするように、
前傾姿勢にしてみて下さい。

そうするとゴルフの正確なスイングになります。