ダフリを防ぐペットボトルドリル


今回は、ダフリを防ぐペットボトルドリルについて、紹介したいと思います。

ダウンブローが強すぎてしまい、ダフリが出てしまうゴルファーの方々のほとんどは、
アウトサイドインのスイング軌道になっています。

アウトサイドインを矯正するには、ティアップを高くして、
ボールを打っていただいて、右方向に飛ばしていく練習が必要になってきます。

ボールを地面から直接打とうとすると、ダフリを怖がってしまい、
ダウンブローで打とうとしてしまいます。

ティアップを高くすれば、地面とボールの間に空間ができるので、
ダウンブローで打つことはなくなります。

右に飛ばそうと意識することは、スイング軌道がインサイドアウトになります。
アウトサイドインになりやすい方は、約45度右方向に飛ばす意識する必要があります。

このドリルをマスターすれば、地面から直接ボールを打つことも苦になりません。
ダウンスイングで左腰が逃げてしまうタイプの方は、ハイティアップしていただいて、
7番ウッドでボールを打ってみて下さい。この練習によって、体重を左サイドにシフトすることが
できるようになって、アイアンでもクリーンヒットすることができます。

身体全体で振る感覚をマスターできるので、手首が身体から離れずに、
スイングすることができるようになります。