チーピンやフックを修正する箱ドリル


今回は、チーピンやフックを修正する箱ドリルについて、紹介したいと思います。

チーピンやフックが激しい方のための原因と練習ドリルです。

チーピンを打つということは。クラブがインサイドから入りすぎてしまい、
フォロースルーがアウトに抜けてしまうことが原因です。

インサイドから

スイング軌道がまくり打ちになってしまうような感じです。

下から上に振ってしまうと、ボールにドロップ回転がかかってしまい、
チーピンになってしまいます。

今回のレッスンでは、長細い箱を用意していただきます。
ボールの後ろ側にセットしていただきます。

箱を用意して頂だき

ボールの後ろ側に箱をセットして頂いたら、
箱に当たらないようにクラブをスイングしていきます。

ボールの後ろ側に

このようにすることで、クラブをインサイドから振り下ろすことができなくなります。
クラブが上から入って、しっかりとしたインパクトを作ることができます。

最初は難しいと思いますので、ショートアイアンを使うことをおススメします。
アプローチから練習する場合は、クラブを上から入れやすくするためです。

ドライバーが、一番インサイドから入りやすいクラブになります。
アプローチから徐々に長いクラブに変えていってください。

それでは一度打ってみたいと思います。
身体の捻転を十分に使って、打ってみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼
)