チーピンや引っかけを修正する方法


今回は、チーピンや引っかけを修正する方法について、紹介したいと思います。

最初に引っかけとチーピンの違いについて、説明させていただきたいと思います。
引っかけは、スイング軌道がアウトサイドインになります。

フェイス面がクローズドになって、インパクトを迎えます。
ボールは、左方向に飛び出していき、ボールはストレートボールになります。

チーピンは、スイング軌道がインサイドアウトになります。
出だしから急角度で左方向に曲がっていきます。
ボールが地面に落ちてから、たくさん転がるので、OBの可能性が高くなります。

チーピンの原因は、飛距離を稼ぎたい、インパクトを強くしたい思いから、
ダウンスイングからインパクトにかけて、お尻が前に突き出してしまったり、
手首の位置が高すぎることにあります。

そうすると、腰の回転が停止してしまい、ヘッドがかぶってしまいことにあります。
チーピンを防ぐためには、フェイス面と右腰の動きを連動させることです。

インパクトを右腰で迎える感覚が大切です。
そうすると、腰の回転を維持することできます。

腰を回転させる練習法は、両足の間にクラブを挟んで、
右腰でインパクトを迎える感覚で、素振りをします。

他には、両膝の間に、ボールを挟んで、素振りをします。
腰の位置が高くなるのを防ぎ、腰の回転を意識することができます。

引っかけを治すには、アドレスを修正することが重要です。
アドレスした時に、フェイス面を飛球線に対して、直角に構えます。

トップかダウンスイングにかけて、左ひざを飛球線方向に動かし続けてください。
そうすると、スイング軌道がインサイドから入ってきて、引っかけを修正できます。