チーピン修正ドリル


今回は、チーピン修正ドリルについて紹介したいと思います。

ドライバーでいきなり出てしまう。チーピン。
ドライバーから放たれたボールは、球速が早いので、
曲がり具合が大きくなってしまいます。

原因として考えられるのは、フェイス面がクローズドになってしまい、
スイング軌道が極端にアウトサイドインになってしまうことです。

手首を使いすぎてしまうことも大きな原因となります。
チーピンは、大きく2つに分けることができます。

上から下にスイングしてしまい、スイング軌道が、
アウトサイドインになってしまうケースです。

2つ目は、下から上にスイングする感じで、
スイング軌道が、インサイドアウトになってしまうケースです。

スイング軌道に違いはありますが、共通している点は、
フェイス面がクローズドになってしまうことです。

チーピンを修正するためには、フェイス面の向きを
キープしながら、スイングしていくことです。

左手の甲を空に向けていただいて、ストロンググリップにします。
その状態のまま、一気にフォロースルーまで振り抜きます。

早く振ろうとする必要はありません。左手の甲を空に向けた
状態で振れるスピードで十分です。

フォロースルーで、クラブが腰の高さにきたときに、
フェイス面の角度が45度になっていたら、大丈夫です。