ツイスト打法のメカニクス


今回は、ツイスト打法のメカニクスについて、紹介したいと思います。

ツイスト打法とは、バックスイングやダウンスイングで、
上半身と下半身を逆方向に回転させることによって、
身体の動きが自然になり、ヘッドスピードが上がる打法です。

ツイスト打法によってヘッドスピードが上がる理由は、
トップの時に、右足l本で、身体を支えて、軸が安定しているからです。

トップで右足1本で身体を支えてしまうと、ダウンスイングで、
一気に体重を左足に移動させるため、
身体の軸が左右にぶれてしまうように思われがちです。

しかしそんなことはありません。
右足1本で身体を支えることによって、
ダウンスイングで、左足は体重を支えるために、踏ん張ろうとします。

この時、上半身は左へ移動しようとしますが、
下半身は、右側に残ろうとします。

このようにツイスト打法では、
上半身と下半身の動きが反対方向に働くのです。

そうすると、自然に左側に壁ができて、
ヘッドスピードが上がり、スイングが安定してきます。

ヘッドスピードを上げるために、
「腰を切るように」と言うアドバイスを耳にしますが、
意識しすぎてしまうと、上半身が伸び上ってしまい、
手首も上ってしまい、クラブを振りにくくなってしまい、結果的にふり遅れてしまいます。

ボールをしっかり捉えるためには、腰の動きをブロックした方が良いです。
無理に腰を切ってしまうと、ボールを押し込むことができません。

逆に腰が正面を向いていれば、スイング軌道が確保されて、
ボールを押し込むことができます。

腰の動きをブロックするためには、
インパクト直前に左ひざを伸ばします。
腰を切るのではなく、右側に少し動かす感じです。

そうすると、腰の動きがブロックされて、
前傾角度を維持することができて、スイング軌道を確保できます。

ここで、ツイスト打法をマスターするための基本ドリルを紹介します。

ドリル①
ドライバーを持って、身体の真ん中に立てます。肘は少し曲げて下さい。
ドライバーを動かさないように、バックスイングしていきます。
この時、しっかり肩を回して、左ひざを前に出して下さい。
ダウンスイングでは、左ひざを伸ばして、腰の動きをブロックして下さい。

ドリル②
両足を通常のアドレスよりも広めにして立ちます。
両腕を広げます。両腕を右側に回転させると同時に、
腰を左側に回転させます。逆の動きもやってみて下さい。
交互にくり返すと、ツイストの動きを覚えることができます。