ティショットのコースマネジメント


今回は、ティショットのコースマネジメントについて紹介したいと思います。

1.ティショットでのクラブ選択
ティショットの時に、何を基準にクラブを選択するかは、フェアウェイの幅が
重要になってきます。

フェアウェイの幅で重要になってくるのは、ボールの落下地点の幅です。
スプーンでの落下地点よりドライバーでの落下地点のフェアウェイの幅が広いようなら、
ドライバーを選択します。

もしフェアウェイが、どのクラブの落下地点でも狭く、距離が長いミドルホールでは、
両サイドのラフでも大丈夫といった楽な気持ちで、スイングします。

クラブは、ドライバーを選択すると良いでしょう。
距離が長いホールで、スプーン以下を握ってしまうと、フェアウェイをキープしたとしても、
距離が残りすぎてしまうからです。

2.フェアウェイが狭いホールでの球筋
フェアウェイが狭いホールでは、自分の持ち球を使っていきます。
例えば、左にOBがある場合、ドローボールが持ち球の方は、不安を感じるかもしれません。

しかしあえてドローボールで攻めていきます。
ドローボールが持ち球の方は、ドローボールが出る理由を大抵理解しています。
通常よりも右を向いて、思い切って打っていきます。
そのほうが持ち球を使わない場合より、ミスをする可能性が少なくなります。