テニスをイメージしたドライバー練習法


今回は、テニスをイメージしたドライバー練習法について、紹介したいと思います。

ドライバーで、NGなことは、飛距離をねらってしまうことです。
飛距離を意識しないで、正確なスイングをマスターするには、テニスの動きが参考になります。

飛距離を狙ってしまうと、バックスイングが大きくなってしまい、
いわゆるオーバースイングになってしまいます。

オーバースイングは、スイング軌道が乱れるだけでなく、
手打ちになりやすい傾向があります。

オーバースイングを強制するためには、クラブヘッドをテニスラケットに見立てることです。
ヘッドを大きくイメージすることによって、トップの位置が適正になって、
ミートできる確率が高くなってきます。

ダウンスイングで、上体が突っ込んでしまうと、ダウンブローになってしまい、
ボールは上がってくれません。

そこでテニスラケットをイメージします。ヘッドを大きくイメージすることによって、
身体の軸が左右にぶれることなく、突っ込みを防いてくれます。

アッパースイングは、一歩間違うと、手先ですくい打ちになってしまうことが多いです。
正確なアッパースイングをマスターするためには、左足打ちがおススメです。

左足1本で打つことによって、身体の軸をキープできて、捻転によるアッパースイングを
マスターできます。

ドライバーショットでは、体重移動は重要ですが、やりすぎは禁物です。
体重移動で意識する足のポジションは、内側です。

バックスイングでは、体重は右足の内側に乗ります。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては、左足の内側に体重が乗ってきます。