テークバックでの正しい体の回転と捻転


今回は、テークバックでの正しい体の回転と捻転について、紹介したいと思います。

最初にクラブを持たずに、アドレスしていただきます。
この状態からテイクバックを上げていく動きの時に、

クラブを持たずに、

飛球線と反対方向の位置にクラブがあるようなイメージで、
左手でクラブを取ってみて下さい。

左手で

これが正しいテイクバックの動きになります。
形を覚えるまで、何回も練習してみて下さい。

少し遠めにあるクラブをとるようなイメージで、
手だけで動かしてしまうと、届かない距離になってしまいます。

少し遠めに

肩をぐっと伸ばした状態で、クラブを触るようにして下さい。
動きを理解したら、クラブを実際に持ってテイクバックをしてみて下さい。

クラブを持ってテイクバック

しっかりと肩が入って、この時点で身体の捻転を作るようにして下さい。
逆バージョンの動きで、フォローの動きもチェックできます。

逆バージョン

右肩を入れて、クラブをつかむようにして下さい。
この練習によって、手打ちにならないようにして、
肩を入れたスイングになってきます。

身体全体を使った大きなテイクバックができるようになってきます。
向こうの方にあるクラブを取るようなイメージで、テイクバックを上げてみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼