テークバックの悪い動きであるリバースピボット修正ドリル


今回は、 テークバックの悪い動きであるリバースピボット修正ドリルについて、紹介したいと思います。
テークバックで上体が前に突っ込んでしまうリバースピボットを修正していきます。

本日のレッスンでは、練習場で使う緑のかごを使用していきます。
かごが無ければかごでなくても結構です。左足を支えることができる物であれば、大丈夫で
す。

かご使用

台に左足をセットしていただいたら、スタンスをとっていただきます。
このようにすることで、バックスイングでしっかりと右足に体重を乗せることができます。

このようにすることで

右足に体重がしっかりと乗っていることが感じられると思います。
この状態から、肩のポジションまでダウンスイングをしてみて下さい。
しっかりと振り抜くようにして下さい。

肩のポジション

それでは打ってみたいと思います。
スタンスは、ワイドスタンスにして下さい。台の端に左足を乗せていきます。
左足のつま先は、若干オープンにして下さい。

ボールは両足のセンターにセットして下さい。
バックスイングでは、右足に体重を乗せていただいて、上体を十分に捻転していきます。

ダウンスイングでは、体重を左足に乗せていきます。
上体をしっかり回してください。

この練習で体重が右足に乗ってくる感覚を覚えて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼