トップ 伸び上がり修正ドリル


今回は、トップ 伸び上がり修正ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

インパクトで、前傾角度を維持することができず、

角度が変わってしまいます。

前傾角度を維持するための良い練習方法が

あったら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

前傾角度をキープできない方々の特徴は、
バックスイングを上げた時に、右足のかかとが
先に浮いてきてしまったり、お尻が前に出てきてしまう
傾向があります。

kakato

このような特徴をお持ちのゴルファーの方々のために、
効果的な練習ドリルを紹介したいと思います。

通常のアドレスをとっていただきます。
右足のかかとで、クラブヘッドを踏んでいただきます。

humu

ハーフからスリークォーターのスイング幅で、スイングをします。

その際に、右足のかかとで踏んだクラブのシャフトが、
ダウンスイングの時に、倒れてしまわないように、
かかとでクラブを踏んだまま、腰を回転させるイメージで、
スイングして下さい。

taoreru

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。