トップでの手首の動きをマスターする練習ドリル


今回は、トップでの手首の動きをマスターする練習ドリルについて、紹介したいと思います。
正しいトップポジションを作り、手首の動きをマスターするための練習です。

トップの位置がしっくりこない方や手首の動きが硬い方、左手が
曲がってしまう方に有効なドリルです。

通常のアドレスで構えていただいて、バックスイングの時に、
右手の平をスライドさせていきます。シャフトの方にスライドさせていきます。

スライドさせて

それでは一度やってみたいと思います。このような形で、
バックスイング中に手をスライドさせて、シャフトを持つような形にしていくと、
この右手で左腕を引っ張るような形になります。

一度やってみます

そうすることによって、左腕が曲がるとかコックが入らない方、
そのような症状が修正されていきます。

バックスイングでは、手をスライドさせて、少し内側に引っ張るような形で、
左手の小指を遠くに持っていくようなイメージです。

小指

バックスイングでスライドさせる練習をしてみて下さい。
この練習では、ボールを打つことはできませんが、
素振りで、体感することができます。

この形を感じながら、ボールを打ってみたいと思います。
左手の小指を遠くに移動させて、内側に押し込む感じを持って下さい。

▼動画レッスンはこちら▼