トップでシャフトを地面と平行にすることの問題点


今回は、トップでシャフトを地面と平行にすることの問題点について、紹介したいと思います。

トップのブレをなくすためには、正しいトップの位置をチェックする必要があります。
正しいトップの位置をチェックする方法は、右手だけでクラブを持っていただき、通常のアドレスをとります。

この時、上体が猫背にならないようにして下さい。胸を若干張る意識を持ってみて下さい。
次に右手でバックスイングをして下さい。そして左手を右手側に持っていってください。
左手の動きが止まったら、左手の位置まで右手を下してきてください。

その位置で、両手でクラブを握ってみて下さい。
その位置が、本来のトップの位置になります。

多くのゴルファーにとって、トップの位置は、意外と浅いことになります。
トップでシャフトを地面と平行にできるのは、一部のトッププロだけであり、
一般の方々が、真似しようとすると、トップのブレにつながってしまいます。

無理にトップを深くしようとすると、肘が曲がったり、
手首のコックを必要以上に使ってしまい、トップが乱れてしまいます。

トップが乱れてしまうパターン①
右手と左手の間に、空間を作って、トップを深めようとするパターンです。
両手の間に空間が出来てしまうと、トップが乱れてしまうので、
右手の平と左手親指の間に、ティを差し込みます。

もし両手の間に空間が出来てしまったら、ティが落ちてしまいます。
ティが落ちないようにグリップを維持しながら、
トップを作れば、ブレが少なくなります。

トップが乱れてしまうパターン②
左のグリップを緩ませて、トップを深めようとするパターンです。
トップで左手が緩んでしまうと、オーバースイングの原因になり、
トップがぶれてしまいます。

それを防ぐためには、左手の平とグリップエンドの間にティを挟んで、
緩みを防止して下さい。正しいトップの位置にすることができます。