トップで右ひじを締める


今回は、トップで右ひじを締めるというテーマで、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々は、トップで右わきを締めたがります。
しかしこれが、間違いなのです。

トップで右わきを締めてしまうと、飛距離が伸びず、曲がりやすくなります。
右わきは、締めるのではなく、右わきは開けるのは、正解です。

右わきを開けると、トップの位置は高くなります。トップの位置が高くなると、
ダウンスイングでクラブが落下する重力加速度が加わり、ヘッドスピードが上がり、
飛距離が出ます。

右わきを開けて、右ひじを締めるのが正解です。右わきを開けて、右ひじを
締めるトップを作るためには、バックスイングを2ステップで考えます。

バックスイングは、腰の高さまで、両腕と手首を結んだ三角形を維持したまま、
上げてきます。三角形を維持すると、自然と手首は、身体が離れていきます。
そうすると、右わきに空間ができます。

そこからは、手首を一気に空に向けて上げて、トップの形を作ります。
この時、腰を無理に回転してはいけません。手首が真上に上がらず、
背中に上がってしまいます。

トップでは、右わきを開けて、右ひじを締めて、右肘が地面を向くようにします。

スライスが出やすい方は、ダウンスイングで、頭を動かさず、ボールの右側から
見るようにすると、アウトサイドインの軌道になりにくくなります。