トップとフィニッシュの肘の位置


今回は、トップとフィニッシュの肘の位置について、紹介したいと思います。

ゴルフにおいて、インパクトは大事ですが、スイングの中では、一瞬であり、
インパクトを意識することは難しいことが多いです。

そこで、インパクトよりもトップポジジョンの右肘と
フィニッシュの左肘の形を意識した方が良いかもしれません。

トップの右肘ですが、バックスイングで、左肩を右膝の上まで捻転させます。
同時に右肘が右肩の高さまで来るようにします。左肩を十分に捻転させないと、
手だけのトップになってしまいボディターンを使うことができません。

右肘の高さが低すぎると、スイング軌道がアウトサイドインになってしまい、
不安定なスイング軌道になってしまいます。

そうすると右肘の角度が、ほぼ90度になります。この状態からダウンスイングしてくると、
スイング軌道がアップライトやフラットになりすぎずに、安定した軌道を描くようになります。

フィニッシュでは、左サイドに体重を乗せていき、左肘がほぼ90度になるようにします。
フィニッシュとトップで、肘を90度にすることによって、
インパクトを自然にタイミングが合ってくるようになります。

もしインパクトを意識するとしたら、右肩の開きに気をつけながら、
左ひざを伸ばしてあげると、お尻の筋肉が緊張して、
運動エネルギーが、ボールに伝わりやすくなります。

素振りで、インパクトで何か重いものを押す練習をすると、
感覚が分かりやすいです。