トップのブレを修正する方法③


今回も、トップのブレを修正する方法について、紹介したいと思います。

トップがぶれてしまう原因の多くは、手で上げてしまうことです。
クラブを手で上げてしまうと、上半身と下半身の動きに連動性がなくなってしまい、
トップにブレが出てきてしまいます。

手でクラブを上げてしまうと、手でダウンスイングをしてしまい、
スイング軌道がぶれてしまい、ミスショットの原因になってしまいます。

そこで手で上げてしまうことを修正する方法を紹介します。
ゴルフ練習場にあるボールをいれるかごを用意して下さい。
その中にボールを100個くらい入れて下さい。

ボールを入れたかごを両手で持って、
実際と同じようにアドレスして、前傾角度を作って下さい。

その状態から、身体の動きを感じながら、素振りを繰り返してください。
ボールを入れたかごを手だけ振ることは、非常に困難です。

バックスイングすることもインサイドやアウトサイドに引くことも非常に困難です。

この練習を繰り返すことで、身体を使ったスイングを体感することができます。
遠心力でスイングする感覚がだんだんわかってくるはずです。

身体を使ったスイングを十分に体感したら、
ゴルフクラブを持って、実際にボールを打ってみて下さい。