トラブルショット


今回は、トラブルショットについて、紹介したいと思います。

距離が短いフェアウェイからのアプローチショットです。
ポイントは。ヘッドのヒールを地面から離して打ちます。

スタンスは狭くします。ボールの近くにアドレスします。
両手でクラブを吊るようにセットして下さい。

パッティングのアドレスと同じ感じでアドレスします。
ボールをヒットするときは、ヒールを浮かして、
ヘッドの先端でヒットしていきます。

肘は、軽く曲げます。両肩と両肘、手首を結んだ五角形を維持したままスイングして下さい。
グリーン回りのショットで、カラーとラフの境目からアプローチするケースです。

アドレスでは、リーディングエッジをボールの赤道付近にセットします。
パターのストロークをイメージしてスイングします。

リーディングエッジが赤道よりも下に当たってしまうと、
ボールが上がってしまい転がらないので、赤道の上を打つようにします。

木の近くにボールが止まってしまって、通常のスイングができないケースです。
グリップは逆方向に握ります。フェイス面の先端部分にボールをヒットするようにします。

スイング幅を大きくしないで、コンパクトなスイングを心がけます。