ドライバーが曲がってしまう原因と対策


今回は、ドライバーが曲がってしまう原因と対策について、紹介したいと思います。

アドレスですが、スイング軌道がずれないようにするために、
両肘を突っ張ってしまうのは、NGです。

両肘を突っ張ってしまうと、身体の捻転が止まってしまい、
手で振ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

両肘をリラックスさせることが大切です。
腕をリラックスさせることによって、上体の力が抜けて、
身体が回転しやすくなり、スイング軌道が正確になります。

グリップは、短く握りがちですが、長めに握った方が、
ヘッドも重みを感じることができて、スイングに力みがなくなります。
短く握りすぎてしまうと、手首でコントロールできてしまう分、
手打ちのリスクが大きくなります。

長く持つと、ゆっくり大きなスイングになります。
ドライバーが曲がる原因は、スイングアークが小さくなったり、
強く握ってしまうからです。

クラブがすっぽ抜ける1歩手前くらいの強さで握ります。
左わきを締めてしまう動きは、NGです。

左わきに若干余裕を持たせると、身体がスムースに回転します。
バックウイングからフォロースルーまでは、身体の前傾角度は一定にして下さい。

身体の前傾角度が一定であれば、正確にヒットできる確率が上がります。