ドライバーでしっかりボールを捉える方法


今回は、ドライバーでしっかりボールを捉える方法に

ついて、紹介したいと思います。

 

アイアンでは、良いボールが打てても、

ドライバーでボールがつかまらない原因として

考えられるのが、ドライバーのシャフトの長さが

考えられます。

 

シャフトが長くなるほど、前傾角度は浅くなります。

前傾角度が浅いにも関わらず、手首をアップライトに

上げてしまうと、アウトサイドインのスライス軌道になってしまいます。

 

ドライバーではたて振りではなく、よこ振りが重要です。

しかしよこ振りは意外と難しいものです。

 

よこ振りをマスターするために、ひざショットが効果的です。

よこ振りをしていくと、左ひじが自然にたたまれて、

フェイス面が返っていきます。

 

横に振って、フェイス面が開閉していくことによって、

よこ振りが出来てきます。

 

ひざショットだと、よこ振りで打たなければ、

ボールを打つことができません。

フェイス面の開閉がしやすくなるので、

ボールがつかまるようになって、若干左方向に飛ぶようになります。

 

他の練習方法としては、胸の高さに柔らかいものを垂らして、

スイングします。

 

スイングのトップでは、手首が頭の下にセットされるくらいで

ちょぅど良いです。

 

トップの位置を下げることによって、よこ振りができやすいです。