ドライバーでジャストミートする方法


今回は、ドライバーでジャストミートする方法について、紹介したいと思います。

ドライバーショットでミスが出てしまう原因は、
スイング軌道がカット軌道になってしまったり、
上半身が突っ込んでしまうことが原因です。

このようなときに、ボールはどこに当たっているかと言うと、
ヘッドの先や根元に当たっていることが多いです。

ヘッドのど真ん中に当てるためには、
いくつかのポイントがあります。

まずはアドレスです。アドレスした時に
上半身が、ターゲットに対して、右や左を
向いてしまうのはNGです。

上半身が右に向いてしまうと、インパクトで
手首を返し過ぎてしまい、ヘッドの先に
当たりやすくなります。

逆に上半身が左に向いてしまうと、
スイング軌道がアウトサイドインになってしまい、
根元に当たりやすくなってしまいます。

ヘッドのど真ん中でヒットするためには、
ターゲットに向かって、真っ直ぐにアドレスする
必要が出てきます。

ターゲットに対して真っ直ぐアドレスするためには、
胸の位置をチェックする必要があります。

ターゲットに対する飛球線をイメージしていただいて、
飛球線に対して、胸が平行になるように
アドレスしていきます。

インパクトで、飛球線に対して胸が平行になれば、OKです。