ドライバーのダフリ対処法


今回は、ドライバーのダフリ対処法について、
紹介したいと思います。

ダフリの原因は、大きく2つに分けることができます。
1つめは、すくい上げタイプです。

ダウンスイングの際に、体重が右足にかかりすぎてしまい、
右肩が下がります。右肩が早くほどけると、コックもはやく
ほどけやすくなってしまい、ダフってしまうパターンです。

ティショットが打ち上げだったり、フェアウェイが狭いような
場合になりやすいパターンです。

2つ目は、突っ込みタイプです。
ダウンスイングの際に、上半身が前方に突っ込んでしまい、
頭が下がってしまうパターンです。

クラブヘッドを上から地面に向かって、たたきつけるような感じに
なってしまい、ダフってしまいます。

ボールを飛ばしたいときとか、向かい風が強い日などに
なりやすいパターンです。

これらのダフリを修正するには、まずはアドレスです。
ドライバーは、ボールをティアップして打つので、アッパーブローのイメージがありますが、
スイングのイメージは、アイアンと同じです。

ダウンブローでインパクトを迎える感覚が大切です。
体重はやや左足に構えて、両肩は地面と平行にします。

ティアップの高さですが、高すぎは禁物です。
右肩が下がって、ダフリの原因になります。

ヘッドの一番上から、ボール半分出るくらいを上限にしてください。
これより低い場合は、大丈夫です。

ダフリを防ぐためには、どっしりとした下半身が大切です。
上半身を少し前に倒して、お尻を上から吊られているように
上げます。

両腕はリラックスして、グリップエンドはベルトを指すようにします。
グリップエンドと胴体の間隔は、こぶし1個分くらいです。

ボールの位置関係もダフリと大いに関係してきます。
ボールが右に寄りすぎていると、上からの打ち込み角が急になってしまい、
ダフリの原因になってしまいます。

またボールが身体に近すぎると、インパクト時に振りにくくなってしまいます。
振りにくさを解消するために、上半身が伸びあがってしまい、コックをほどくタイミングが
早くなり、ダフリの原因になってしまいます。

バックスイングでは、必要以上に体重移動しないことが重要です。
体重移動が大きすぎると、インパクトで左足体重になりにくくなり、
ダフリの原因になります。

バックスイングでは、左足のかかとを地面につけたまま捻転していきます。
トップの時には、右足と左足の体重配分が6:4の割合になり、
インパクト時には、右足と左足の体重配分が4:6の割合になると良いでしょう。

ダウンスイングでは、右肩が下がらないことが重要です。
ダウンスイングでは、両肩が地面と平行になるようにスイングすることを心がけます。

フォロースルーでは、右肩がターゲット方向を向くまで、捻転させます。
しっかり左足で地面を踏みしめてください。