ドライバーをカバーするフェアウェイウッドの練習法


今回は、ドライバーをカバーするフェアウェイウッドの練習法について、紹介したいと思います。

ドライバーの飛距離が出なくて、他のゴルファーに置いていかれても、フェアウェイウッドでカバーできたら、
ロングホールでも十分に2オンが可能になってきます。

フェアウェイウッドをマスターするためのポイントは、高いボールを打とうとする意識を捨てることです。
むしろ低いボールを打つ意識が必要です。高いボールを打とうと意識してしまうと、左肩が伸び上がってしまい、
ミスショットの原因になってしまいます。

低いボールを打つためのポイントは、フォロースルーで、左肩を背中側に回転させてあげることです。
アドレスしたら、左目でボールを見るようにして下さい。特にボールの右側を見続けるようにして下さい。

そうすると頭の位置をキープすることができて、左サイドに壁を作ることができて、
ヘッドスピードが上がってきます。

頭の位置をキープすると同時に、あごが上がらないように注意して下さい。
アドレスした時に、飛距離を出したい意識が強すぎると、身体がボールに近づいてしまいます。

近くに立ってしまうと、手首が縮まってしまい、身体が起き上がってしまいます。
かかとに重心を置かないで、つま先に体重を置くと、正確なアドレスになります。