ドライバーをナイスショットするための直前練習ドリル


今回は、ドライバーをナイスショットするための直前練習ドリルについて、紹介したいと思います。

ラウンドでのドライバーのミスショットは、スライスが多いと思います。
スライスの原因としては、飛距離を出したい気持ちが強いあまり、手首に意識がいってしまい、
クラブが遅れて下りてきてしまい、フェイス面がオープンになってしまうことが考えられます。

スライスを防止するために、おススメの練習法がトップストップスイングです。
トップで少し間をおいてスイングする方法です。

下半身を中心に、まずはトップの形を作ります。
トップの状態を維持しながら1,2とカウントします。。
3でダウンスイングします。

この練習によって、手首が先に動いてしまうことを防いでくれて、
身体と腕が一体になって動くことが体感できます。

スイングの幅は、フルスイングをする必要はありません。
100ヤード飛べばよいくらいのスイングで大丈夫です。
10球ほど練習してみて下さい。

引っかけが出やすい方は、クロスハンドスイングがおススメです。
上半身に力が入ってしまい、身体が突っ込んでしまうことが原因です。

グリップを逆に握ったクロスハンドで握っていただいて、
ハーフスイングをしてみて下さい。

右手首の角度を維持しながら、スイングしてみて下さい。
右肩が突っ込まないように意識してみて下さい。