ドライバーを安定させる方法


今回は、ドライバーを安定させる方法について、紹介したいと思います。

ドライバーでは、誰もが飛距離を求めると思います。
しかしいくら飛んでもラフに行ってしまっては、どうしようもありません。

ターゲットに対して正確に飛んでいってフェアウェイキープすることを重視して下さい。
正確性を高めるためには、身体の軸を1本にしていただいて、
軸を中心に回転していって、正確にボールを捉えていきます。

身体の軸を1本にすることの例えでは、首の付け根から地面に向かって、
シャフトが刺さっている感じをイメージしなさいと言われます。

しかしそれを強く思いすぎてしまうと、軸の誤差が少なくなってしまい、
頭の動きに余裕がなくなり、左肩が落ちてしまい、
スイングのバランスが悪くなってしまいます。

スイングのバランスが崩れてしまうと、リズムも悪くなってしまい、
正確にボールを捉えることができなくなってしまいます。

そこで身体の軸に少し余裕を持たせてあげます。
頭の一つ分の大きさの軸をイメージします。

軸を太目にしていただくことによって、スイングに余裕が出来てきます。
多少頭や身体が左右に移動することによって、腰を回転させやすくなります。

腰の回転は、水平にするようにします。
この動きによって、正確にボールを捉えらえる確率が増えます。