ドライバースライス対策 スコア90前後のゴルファー向け


今回は、スコア90前後のゴルファーが対象のドライバースライス対策について、紹介したいと思います。

90前後のゴルファーの方々は、ヘッドスピードが結構出ていると思います。
ヘッドスピードが上がってくると、誰でも飛距離を意識すると思います。

飛距離を意識すると、弾道を高くしようとするスイング軌道になってきます。
そうすると、ダウンスイングでシャフトが寝る傾向が強くなります。

シャフトが寝てしまうと、インパクトでフェースがオープンになってしまい、
ボールの飛び出しが右方向になり、さらに右に曲がるプッシュスライスになりやすくなります。

プッシュスライスをなくすためには、バックスイングのスイング軌道を修正する必要があります。
ポイントは、ヘッドが腰に来た時の位置関係です。ここさえ押さえておけば、
ストレートボールを打つことができます。

シャフトが寝ないためには、右肩の高さが上下動しないようにします。
バックスイングでは、クラブが腰の高さに来るまでは、手首の動きを一切抑えます。

しかし力を入れ過ぎてしまうと、スイングがぎくしゃくしてしまうので、
力の入れ具合は、ほどほどにします。

腰の位置でのヘッドの位置は、ボール方向に向いているはずです。
フォロースルーでは、フェースがややかぶるはずです。

練習方法を紹介します。
ダウンスイングとフォロースルーでのフェースの方向が重要になってきます。

フェースの方向を理解するために、右手一本で練習します。
右手1本でクラブを腰の高さまで、上げてきます。その状態で左手を握ります。
左手の握った時の左肩の位置を確認してください。左肩がしっかり回っているはずです。

次に左手1本で、左側の腰の高さまで、クラブを上げてきます。
その状態で右手を握ります。右手の肘を確認してください。
肘が伸びているはずです。腕がリラックスしていれば、OKです。

飛ばそうとすると、弾道が気になって、ボールをすぐに追いたくなります。
すると顔が上がってしまい、スイングがアッパーブローになってしまいます。
フェースもオープンになりやすくなってしまいます。
インパクトからフォロースルーにかけて、顔を下に残すようにしましょう。

ダウンスイングでは、右肩の位置に注意します。
右肩が落ちてしまうと、スイングはアッパーブローになってしまい、フェースが開いてしまいます。
右肩の高さを維持したまま、ダウンスイングを開始します。