ドライバースライス対策


今回は、ドライバースライス対策について、紹介したいと思います。
スコア100前後のゴルファーが対象です。

100前後のゴルファーの方々の悩みは、スライスだと思います。
スライスの原因は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、手首が飛球線方向に出過ぎてしまい、
フェースがオープンになってしまうことです。

2つ目は、身体全体が飛球線方向に突っ込み過ぎてしまい、
フェースがオープンになってしまうことです。

どちらにも共通する点は、クラブヘッドが遅れすぎてしまうことにあります。
原因は、手首の動きが間違っているからです。

インパクトの時に、身体の正面でボールを捉えることができれば、スライスはしません。
頭の位置は、決してボールよりも左サイドに出てはいけません。
インパクトの時に、手首が右の股関節の前にあれば、大丈夫です。

手首を使い過ぎてしまっても、ボールは曲がりますが、
使わな過ぎも、スライスの原因になります。

まずは、正しい手首の動きを覚える練習をしましょう。
両足を揃えて、素振りをしてみて下さい。

両足を揃えると、身体の回転を使わないと、クラブを振ることができません。
その時のヘッドの動きが、理想のスイング軌道なのです。
ヘッドの動きをよく覚えておいて下さい。

他の練習法として、右足を地面につけたままスイングする方法があります。
ボールを思い切りひっぱたこうとすると、身体が左右にずれてしまうことがあります。

ドライバーのように遠くに飛ばしたいクラブだと、なおさらその傾向が強くなります。
それを防ぐために、右足を地面につけたまま、スイングします。

右足を最後まで踏ん張ることによって、身体が左右にずれずに、ヘッドスピードを早くすることができます。

ボールをしっかりヒットするために、フックグリップにすることもおススメです。
フェース面は、飛球線に対して、直角にセットします。

その状態を維持したまま、グリップだけをフックにします。
左手の親指と人差し指の間の線が、右肩を指すようにして下さい。

グリップをフックにすることによって、インパクトの時に、
フェースがアドレスした時と同じ状態に戻るようになります。

絶対にスライスさせたくない緊急手段としては、
グリップをフックにするだけでなく、フェースもフックにしてしまいます。
そうすることによって、絶対にスライスしない球筋で打つことができます。