ドライバー失敗の4大原因と対処法


今回は、ドライバー失敗の4大原因と対処法について、紹介したいと思います。

ドライバーが苦手なゴルファーには、大体決まった原因があります。
多くのゴルファーは、体重移動が苦手で、バランスが悪いスイングをしています。

これらの原因を解決すれば、ドライバーは確実に上達します。

・原因1と対策
右サイドが強すぎることが原因です。右腕、肩が前に出過ぎています。
ターゲットを意識しずぎると、この傾向が出やすくなります。

対策は、両肘をリラックスさせて、軽く脇を締めます。
胴体をアドレスする前に、クラブを向きをターゲットに正確に合わせてセットします。

それから腕、胴体をセットしていき、最後にアドレスをとるようにすると、バランスよく
アドレスできます。

・原因2と対策
手首のコックを早くときすぎることが原因です。
手首のコックを早くといてしまうと、
スイング軌道は、アウトサイドインになってしまいます。

ボールは、当然スライス軌道になってしまいます。
ダウンスイングの時に、体重が左に乗らず、手で何とかしようとしていることが
原因です。

対策は、バックスイングで左足を上げて、ダウンスイングで左足を踏み込んで
打つ練習をします。これで体重移動の感覚を覚える事ができます。

・原因3と対策
体重が右に残ったままで、左腰が伸びてしまうケースです。
左腰が伸びてしまうと、スイング軌道がアウトサイドインになってしまい、
ボールは、スライス軌道になってしまいます。

対策は、左腰を伸ばすのではなく、後方に回していく練習をします。

・原因4と対策
フィニッシュで、バランスが崩れてしまうケースです。
左足に体重が完全に乗っていないことが原因です。

対策は、フォロースルーで胸と腰を飛球線方向に回していきます。