ドライバー飛距離アップ!クラブのリリースをマスターするドリル


今回は、ドライバー飛距離アップ!クラブのリリースをマスターするドリルについて、紹介したいと思います。
クラブの解放のタイミングをマスターして、飛距離をアップしていきます。

今回の練習ドリルでは、トップの位置から手首が最初に動いてしまう方や
すくい打ちをしてしまう方に有効な練習ドリルになります。

まずは通常通りにアドレスしていただきます。
ここからトップまで上げていただきます。

トップまで上げて

ここから手首を使わずに、ダウンスイングしていきます。
クラブを腰の位置まで持ってきてください。

手首使わずに

腰の位置まで下してきたら、手首の位置を確認してみます。
この時、腕とクラブが一直線になっていたら、その動きはNGです。

手首と腕一直線

手首のコックをほどかないで、クラブが上にあるようにしてみて下さい。
ここから右腕をボールより前に動かしてみて下さい。

ボールより前に

手首のコックをほどかない状態で、腰の位置まで持ってきたら、
一気に右腕を伸ばしてみて下さい。

クラブが腰の位置まで来た時点では、右腕はまだ曲がっていきます。
この時点で右腕が伸びてしまうと、飛距離は伸びません。

曲がっている状態から、前に伸ばしていきます。
フォロースルーは、肩の高さまでで結構です。

一度打ってみたいと思います。
通常通りにアドレスして頂いたら、トップまで持ってきてください。

下半身を回しながら、ダウンスイングをしてみて下さい。
手首の角度とヘッドのポジションを確認して頂いたら、
右腕を伸ばしていきます。

部分部分をチェックして頂いたら、一気に右腕を伸ばしてみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼